医療法人清仁会 シミズ病院グループ

教育・研修制度

教育・研修制度

教育・研修制度(看護部)

一人ひとりが輝いていくために
個々の成長に応じた教育プログラムを用意しています。

専門知識だけでなく、人間的な教育にもチカラを注いでいます。
それは例えば、人権問題。意識のない患者さま、子どもなど意志や思いを主張できない患者さまの権利をいかに尊重できるかが大切。こうした患者さまの権利や看護者の倫理など、医療人としての基本教育は重要だと考えてます。
また、医療現場においてさまざまな方とのかかわり合いの中で、コミュニケーション能力を養うためには専門的知識が必要ですので、しっかりと教育を行っています。
さらに、専門知識においてもそれぞれの段階・レベルに合わせたカリキュラムを用意し、勉強会、研修会に参加することで着実な成長をサポートしています。

新人研修

看護に必要な基本的な知識・技術を身につけることを念頭に、看護の個別生や継続性にも配慮した実践が行えるように指導しています。そして実践を通して自らの看護観を探求する心の大切さも教えています。

3月下旬
全体オリエンテーション
新規学卒者全職種を対象に清仁会入職のためのオリエンテーション、施設見学、接遇研修
4月1日(予定)
入社式
清仁会グループへ入職したすべての新入職員が参加する入社式
4月第一週
看護部専門研修(4病院合同で1日)
各施設看護部の概況説明と、看護部職員として看護部のシステムと基礎知識の理解を深める
4月配属(3〜4日間)
各施設看護部、配属部署のオリエンテーション
配属された施設・部署で業務に必要な事柄についてオリエンテーション
4月〜6月
基礎知識、看護職として臨床実践を行っていくうえでの基本事項
看護基礎技術、感染対策、医療安全対策、救急実践講座研修
6月〜年度末
基本姿勢と態度・看護実践における技術面の強化
卒後1年間の目標と教育プログラムに基づく支援、および年間教育計画に基づく集合研修
年度末
自己評価・面接・総合評価
入職後1年間を振り返り、評価をする。さらに次年度に向けての自己の目標を考える。

現任教育

看護師が成長していくためには、感性・柔軟性を育むための教育と専門職として能力開発を進めるための系統的な教育が必要です。清仁会では、人間として、また看護師として成長できるように院内・院外の教育(OJT,OFF-JT)を計画・実施しています。
また、プリセプターシップ制度で、一人の新入職看護師に先輩看護師が一定期間、マンツーマンで指導教育し、スムーズに職場に適応し、看護師として自信を持てるようフォローしながら、その成長と発達を支援します。

入職者研修
  • 職場への早期適応と看護実践者としての基礎的能力を体得する。
  • 健康上の問題を持つ対象に基礎的知識・技術を適応できる。
  • チームの一員としての役割を担える。
実務研修Ⅰ
  • 看護実践において主体的に看護過程が展開でき、自発的に行動できる。
  • 複雑な健康上の問題を持つ対象の看護が実践できる。
  • 看護チーム内でのリーダーシップがとれる。
実務研修Ⅱ
  • 主体的な看護実践ができ、指導的・研究的活動ができる。
  • 看護実践者として、後輩の役割的モデルとなることができる。
  • 緊急事態発生時にリーダーとして役割が果たせる。
専門分野研修
  • 病院の機能における熟練した看護実践、ならびに指導者として知識・技術を習得する。

その他、各種研修によって個別にあった成長を促進させます。

トピックス研修
  • その時々のニーズに応じた内容で、必要に応じて開催。
  • スタッフから要望があった事項について、研修を実施。
リフレッシュ
  • 対象を全人的に理解するための感性・柔軟性を学ぶ。
  • 看護・医療の情報を先取りし、幅広い知識・技術を学ぶ。

こちらでは、看護師の教育・研修制度をご紹介しておりますが、その他の職種においても充実した教育・研修制度を整備しておりますので、見学会の際にお尋ねください。

評価制度について

自分が頑張った分だけ評価してもらえる制度のおかげでやりがいと成長を促します。

新人としてのチェックリストを設けています。
3カ月、6カ月、9カ月という期間を設定し、自己評価とともにプリセプターの評価、副師長の評価、師長の評価を自らトータルで点数化し、いかに目標に達成できたか?を確認していきます。1年目に達成できた点は、強みとして伸ばし、足りなかった点は積極的に学ぶなど自ら評価することで成長を促しています。

清仁会のロゴマーク

清仁会のロゴマーク、Sは清らかな清水(シミズ)の意味が含まれています。
清仁会のロゴマークに因んで看護部の3つのSを上げました。
清仁会のロゴマーク

その他職種の教育・研修制度