看護部

スタッフのご紹介

  • 看護部長
    浦野 貴子

看護部のご紹介

洛西シミズ病院は地域の皆さまに愛される病院づくりを目指しています。整形外科疾患患者を主に受け入れており、入院早期より患者さま・ご家族に医療チームで関わり、早期退院を目指しています。また、京都府下で唯一のガンマーナイフセンターがあり、安全で安楽な医療・看護が提供できるよう取り組んでいます。
病院理念のもと患者さまの人権を尊重し、患者さま一人ひとりの思いに寄り添った看護を提供しています。また、チーム医療の推進を図り、患者さまの夢に近づける創意工夫のできる看護師の育成を目指しています。

理念・方針・特徴

当院は、主に整形外科疾患患者を受け入れており、入院前から退院を見据えて患者さま・ご家族に関わることで、できるだけ早期の退院を目指しています。
また、京都府下で唯一のガンマナイフセンターがあり、安全で安楽な医療・看護が提供できるよう取り組んでいます。
患者さまが退院後、住み慣れた地域での生活がスムーズに送れるよう、退院前には自宅へ訪問するなど医療チームが専門性を発揮し、積極的に関わっています。

理念

■私たちは、人間愛に基づき全ての患者さまが安心・満足・納得して医療が受けられるよう、看護の立場から寄り添い支援いたします。
■私たちは、患者さまの人権を尊重しプライバシーを守ります。

基本方針

  1. 患者さまの意思を尊重し、安心・満足いただける十分な説明と意見を取り入れた看護を提供します。
  2. 患者さまのQOLを尊重し、安全・安楽で質の高い看護を提供します。
  3. チーム医療を推進し、患者さまの自立へ向けた身近な支援者として協働します。
  4. 看護職員の教育推進、専門職として継続学習や自己啓発でキャリア開発を図ります。
  5. 看護者の倫理綱領を遵守します。
  6. 積極的に健全経営に参画します。

看護の特徴

外来
入院前から退院支援を行うことで、入院による不安の軽減に努めています。
また、ガンマナイフ治療においては、看護の専門性を発揮して安全・安楽に治療が受けられるよう支援しています。

急性期病棟
整形外科疾患患者を中心に受け入れ、入院や手術による不安を最小限にするため、患者さまの思いをしっかり受けとめ早期退院を目指した看護を提供しています。
また、内科系疾患や脳神経外科、ガンマナイフ治療など、さまざまな疾患患者を受け入れるために幅広い看護の知識を習得し、患者さまに寄り添う看護を実践しています。

回復期リハビリテーション病棟
一日も早く入院前の生活に戻っていただくために、医師を始め看護師やリハビリスタッフなど医療チームが専門性を発揮し、積極的に機能回復に関わっています。また、自宅訪問により安心して在宅復帰・社会復帰が実現できるよう、患者さまやご家族の希望を叶えられる看護ケアを提供しています。

地域包括ケア病棟
住み慣れた地域・環境でその人らしく過ごせるよう、患者さまの思いを大切に、社会福祉士を始めケアマネジャーなどと連携を図り、退院支援を行っています。