臨床工学科

臨床工学科のご紹介

現代医療の進化に伴い、高度化する医療機器には高い安全性と正確性が求められています。臨床工学科では医療機器の保守点検を通して、患者さまの社会復帰に貢献できるよう努めています。

業務内容

当科には5名の常勤技士がおり、そのうち1名は手術室にて専任業務を行っています。業務として、「高気圧酸素療法」「心臓カテーテル」「急性血液浄化療法」「医療機器管理」「ペースメーカー」「手術室業務」があり、24時間体制で業務を行えるようにオンコール体制をとっています。

高気圧酸素療法

患者さまに分かりやすくご説明し、苦痛の少ない治療を第一に考えて行っています。治療前の持ち物検査や治療中の定期的なバイタル・表情の確認、声かけを実施することで、急変や重篤な副作用にも的確に対応します。また、毎日始業時には必ず点検を実施して装置に異常がないことを確認し、患者さまの安全面に十分配慮しています。

心臓カテーテル

検査や治療に使用する物品の管理から、治療中の清潔操作による補助、ポリグラフの操作、IVUSの操作やIABPの操作、体外式ペースメーカーの操作などを行います。

急性血液浄化療法

急性腎不全や多臓器不全、敗血症、急性循環不全などの症例に対してCHDF(持続的血液濾過透析)や吸着療法を行います。

医療機器管理

院内にある医療機器を点検・修理・管理を行っており、医療機器にトラブルがあればすぐに対応できるよう心がけています。輸液ポンプ・シリンジポンプは当科にて中央管理し、必要時に貸出しをしています。3カ月ごとに定期点検をし、異常があれば修理や調整を行います。また、医療機器の取り扱い方法や使用上の注意などの勉強会を開催し、医療機器安全に取り組んでいます。

手術室業務

手術室で取り扱っている医療機器の点検や管理、また手術の直接介助を行います。手術室には、臨床工学技士が1名常駐しています。