平成29年度 シミズ病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 9 17 33 98 182 423 648 583 132
シミズ病院は、シミズ病院グループの中核施設で救命救急を使命とし、脳神経外科を中心に高度で質の高い医療を提供しております。また、地域に根ざした病院として幅広く受け入れを行なっております。地域の高齢化を反映して、全体から見ると60~80代の割合が多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 脳血管撮影 152 3.16 3.14 3.16 63.95
160100xx97x00x 外傷性慢性硬膜下血腫 穿頭血腫除去術 120 10.39 9.68 8.33 77.63
010040x099x00x 脳出血(JCS10未満) 手術なし 115 20.73 19.10 52.17 68.86
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 111 14.87 16.51 21.62 74.64
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 96 8.51 7.34 17.71 71.92
脳神経外科では、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)や頭部外傷など様々な患者様が救急で来院され、幅広く治療を行っています。また、脳梗塞超急性期の血栓溶解療法やカテーテルによる血栓回収療法にも力を入れています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 12 14.83 20.83 16.67 79.17
080011xx99xxxx 急性膿皮症 - - - -
010069xx99000x 脳卒中の続発症 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - -
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - -
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし - - - -
消化器疾患は胃癌、大腸癌をはじめとした消化管手術を中心に治療を行なっています。その他、鼠径ヘルニアや感染症、外傷など幅広く対応しております。脳神経外科を主とした病院であるため頭部外傷をはじめとした救急搬送患者さんが多く、その方々の処置も対応させていただいています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 26.15 20.83 26.47 83.68
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 14 21.43 12.34 14.29 83.43
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - -
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 85歳未満 - - - -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - - -
入院診療では、入院の多数を占める脳外科の新入院患者さんの胸部写真、心電図など初期評価を行い、各々の合併症を、循環器、内科疾患につき、不整脈、肺炎、心不全、高血圧、糖尿病、腎疾患、そして消化器系疾患などでfollow しています。また、内科単科入院では、ご高齢の方の肺炎や尿路感染、脱水、心不全などの症例が多く、重症例に対しては呼吸器管理をし、診療を進めています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 4.33 4.62 0 74.77
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - -
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - -
050050xx0250xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-5あり 手術・処置等2なし - - - -
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - -
脳外科の患者さんを中心に、脳疾患にいたる原因の診断、治療、さらに今後の予後評価を主たる診療としております。その結果、年々、冠動脈や末梢血管の治療数も増え、日本心血管インターベンション学会の認定研修関連施設となっています。
呼吸器血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 17.32 13.83 0 75.29
050180xx99xxxx 静脈・リンパ管疾患 手術なし - - - -
070071xx97xxxx 骨髄炎(上肢以外) 手術あり - - - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - - -
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2なし - - - -
呼吸器外科と血管外科を幅広く担当します。診療は患者様の生活状況に十分配慮したオーダーメイド手術を中心に、清仁会グループ全体のサポート体制によるチーム医療で行います。病診連携、病病連携を重視して、患者さんにやさしく、安全かつ慎重な診療を心がけています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 10 15.4 80.3
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 481 19.44 74.52 38.95
その他 12 26.58 74.92 1.22
 脳梗塞治療の多くは、発症後3日以内に入院され、直ちに治療開始となっています。入院当日又は入院翌日から早期のリハビリテーションを開始し、早期の退院・転院につながるよう努めております。
 急性期の治療が終了したのち、全体の約3割の患者さんが回復期リハビリテーション病院へ転院されています。転院された患者さんは、地域の医療機関でリハビリテーションを継続したのち、ご自宅への退院となります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 110 1.18 11.25 20.0 78.01
K1781 脳血管内手術(1箇所) 66 1.18 16.74 16.67 66.06
K178-4 経皮的脳血栓回収術 41 0.49 31.71 78.05 78.15
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 27 0.7 25.04 14.81 64.48
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 21 4.33 8.29 14.29 72.52
2017年も慢性硬膜下血腫に対する穿頭術を多く施行させていただきました。地域の患者さんが直接シミズ病院を受診されるなど、周辺の医療機関から紹介先として当院を選んでいただいたことがうかがえ、大切にしなければならない症例と考えています。
 動脈瘤についてはコイル塞栓術が開頭クリッピング術の2倍以上の症例数となっており、患者様の希望や、以前は血管内治療が不向きであったくびれ(neck)のない動脈瘤に対してもステントを用いることで治療可能なものが増えてきています。脳動脈急性閉塞に対する再開通療法もPenumbra吸引カテーテルに加えstent 型回収機器も使用可能となり、より高い再開通率を得ることができるようになりました。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 19 0.92 2.35 0 71.34
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K672 胆嚢摘出術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
手術としては、胃癌、大腸癌をはじめとした消化管手術を中心に、胆嚢摘出術など鏡視下手術を取り入れながらおこなっております。安全を重視しながら患者さんの負担を考慮し行っています。その他、鼠径ヘルニアについてはできるだけ局所麻酔で手術を行い短期入院で行えるよう対応しています。
他にも脳神経外科の患者さんが多いため抗血栓治療薬服用されている方も多く、消化管出血の対応や脳血管疾患にて嚥下障害となった方への胃瘻造設も行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 56 1.2 2.05 0 74.54
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K613 腎血管性高血圧症手術(経皮的腎血管拡張術) - - - - -
当院の柱である脳外科の患者さんを中心に、脳疾患にいたる原因の診断、治療、さらに今後の予後評価を主たる診療としていきました。その結果、年々、冠動脈や末梢血管の治療数も増え、日本心血管インターベンション学会の認定研修関連施設となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
更新履歴