令和4年度 洛西シミズ 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 30 19 19 72 117 149 377 269 102
10歳ごとの年代別の患者数です。
当院は整形外科領域の入院が全体の約半数、脳腫瘍等に対するガンマナイフ治療を目的とする入院が約4割を占めており、
いずれも40~50代から急激に多くなっています。
患者数が10に満たないものは「ー(ハイフン)」としています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 112 42.33 26.42 9.82 84.54
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 40 37.08 22.44 0 78.05
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 37 4.97 4.86 0 58.00
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 29 41.00 22.23 10.34 84.07
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 22 24.59 14.17 0 73.68
当院では整形外科領域において、あらゆる分野の傷病・疾患に対応しています。
最も多いのは股関節周囲の骨折ですが、近年では変形性膝関節症手術の入院が増加傾向にあります。
また、地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟を有しており、手術後の継続的なリハビリにも対応しているため、平均在院日数が比較的長いですが、転院率は低くなっています。
ガンマナイフ
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx9906xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり 439 6.50 4.30 14.35 69.13
010040x0991xxx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 あり 3.49
010120xx99xxxx 特発性(単)ニューロパチー 手術なし 6.52
当院では、京都府下で唯一のガンマナイフ治療センターを有しており、主に脳腫瘍(良性・悪性)に対する治療を行っています。
2017年に最新機種のIcon(アイコン)を導入し、より精度の高い治療を行っております。これまで治療が難しかった、比較的大きな病巣や脳の機能障害をきたしやすい部位の病巣などを、分割照射でより安全に治療できるようになりました。分割照射は入院期間も長くなるため、在院日数が全国平均より長くなっています。
患者数が10に満たないものは「ー(ハイフン)」としています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数が10に満たないものは「ー(ハイフン)」としています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症
重症
超重症
不明
患者数が10に満たないものは「ー(ハイフン)」としています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他
患者数が10に満たないものは「ー(ハイフン)」としています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0811 人工骨頭挿入術(股) 65 3.80 42.57 6.15 83.49
K0461 骨折観血的手術(大腿) 42 1.40 45.69 14.29 88.95
K0821 人工関節置換術(膝) 42 1.38 36.62 0 77.98
K0462 骨折観血的手術(前腕) 35 1.60 3.97 0 62.80
K0461 骨折観血的手術(上腕) 33 2.67 28.70 0 72.52
最も多いのは股関節周囲の骨折に対する手術です。他の手術よりも平均年齢が高く、高齢者の転倒が多いことがうかがわれます。
昨年度に比べて感染症対策が多少緩和されたこともあり、術前日数は短縮しました。
当院は地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟を有しており、手術後の継続的なリハビリにも対応しているため、術後から退院までの日数が長めですが、転院率は低くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
患者数が10に満たないものは「ー(ハイフン)」としています。
更新履歴