臨床検査科

臨床検査科のご紹介

病院理念に基づいて質の高い医療を提供するため、迅速かつ正確な検査データを臨床に提供できるように努めています。精度管理についても内部精度管理のほか、各種外部精度管理事業にも参加し、正確なデータの提供に心がけています。また、著しい技術の進歩に対応するため、生理検査・検体検査の両部門においては各種研修に積極的に参加するなど、スタッフの知識・検査技術の習得・向上に取り組んでいます。患者さまが一日でも早く社会復帰できるよう他職種と連携・協力していきます。

業務内容

当科には8名の臨床検査技師が所属しています。主な業務として、生理機能検査では、心電図・脳波・超音波・肺機能・脈波検査などになります。

最近では、超音波検査が非常に多くなっています。
超音波検査は、画面に映し出された患者さまの断層画像から異常部位を調べる検査です。熟練の技術を要しますが、非侵襲性という利点があります。現在、機械の性能が発達したことにより、非常に有益な情報を得ることができ、診断の補助として大きな役割を担います。

検体検査では、血球数や血液中の酸素濃度を調べる「血液学的検査」、血糖値などを調べる「生化学検査」、血液のかたまりやすさを調べる「凝固機能検査」、尿中の糖や蛋白を調べる「一般検査」、B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルスなどを調べる「血清学的検査」などを行っています。いずれも患者さまの状態を知るために重要な検査で、迅速にデータを出せるよう日々努力しています。