2021/04/20
お知らせ

シミズ病院 職員の新型コロナウイルス感染者発生について(第三報 最終報告)

シミズ病院 院長 吉田享司


2021年4月7日(水)朝、当院職員1名の新型コロナ感染が判明し、同日保健所の指示のもとで、濃厚接触者および当該職員の関係者計34名のPCR検査の陰性を確認し、濃厚接触者4名についての健康観察を行ってまいりました。濃厚接触者4名には2回目のPCR検査を行い、4月18日4名全員の陰性を確認しました。

新型コロナ感染が判明し直ちにホテル療養となった職員は、症状の悪化なく経過し、症状が軽快後2週間の健康観察を行ったあと職場復帰の予定です。

制限を行っておりました診療部門につきましては、4月19日(月)より通常の体制に戻り診療を行っています。


今後も入院患者さまならびに職員の日ごろの健康に留意し、さらに気を引き締めて病院全体で院内感染防止対策に努めてまいります。

シミズ病院 職員の新型コロナウイルス感染者発生について(第二報)

シミズ病院 院長 吉田享司


2021年4月7日(水)朝、当院職員1名の新型コロナウイルス感染が判明し、同日保健所の指示のもとで、濃厚接触者および当該職員の関係者計34名に対してPCR検査を実施しました。同日中に濃厚接触者4名ならびに関係者20名のPCR検査が陰性であることを確認し、昨日4月8日(木)残り10名についてもPCR検査が陰性の報告を受け、当該職員を除く全員の陰性を確認しました。濃厚接触者4名については、今後も厳重な健康観察を行ってまいります。

今後も引き続き病院全体で感染防止対策に努めてまいります。

シミズ病院 職員の新型コロナウイルス感染者発生について(第一報)

シミズ病院 院長 吉田享司


2021年4月7日(水)朝、当院職員1名の新型コロナウイルス感染が判明しました。同職員は、出勤時に37.4℃の発熱と咽頭痛、倦怠感があり、直ちにPCR検査を行い陽性を確認しました。

感染した職員の部署や行動経路の個所の消毒を速やかに行い、同日保健所の指示のもとで、判断される濃厚接触者および当該職員の関係者計34名に対してPCR検査を実施しました。当該職員は院内での診療業務に際して、常にマスク、手袋等を着用し感染対策を行っていたことを確認しています。

本日4月7日21時現在、濃厚接触者4名ならびに関係者20名のPCR検査が陰性であることを確認しました。残り10名については、検査継続中です。結果が判明次第、当ホームページでご報告いたします。

当該職員は、発熱隔離対応後、直ちにホテル療養となっています。

関係部署における全職員の陰性が確認されるまで、同部署の診療業務は停止します。

対象から外れている通常の外来、入院、救急の受け入れにつきましては、通常業務を継続しています。

入院患者さまならびに全職員の健康観察、院内感染防止対策を継続し、今後も必要な対応を行ってまいります。

何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。