医療法人清仁会 シミズ病院グループ

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

関 里恵子

当院初の脳卒中リハビリテーション看護認定看護師として、新プロジェクトにも挑戦しています。

現在は、外科との混合病棟で勤務しています。外科の患者さまと脳神経外科の患者さまとでは看護のポイントが異なることも多く、それを病棟スタッフに伝えていくことが大切ではと考え、日々看護に取り組んでいます。脳卒中患者の病態理解、リハビリテーションの実施と生活の再構築の支援を行っています。
シミズ病院では初めての脳卒中リハビリテーション看護認定看護師として、患者さまがいかに、生き生きとこれからの人生に向き合えるかをご本人やそのご家族とともに考え、支援できるよう努めています。
脳卒中リハビリテーション看護プロジェクトを新設し、どの患者さまにも個々の状態に適した個別性のある看護ケアが提供できるように、チームで活動する準備を進めています。

〝患者さまのことを、みんなで考えている″と感じる瞬間が、大好きです。

関 里恵子

脳卒中に罹患した患者さまの生活の再構築のためには障害の理解、生活を知ること、何より患者、家族の思いに寄り添うことが大切です。リハビリテーションが行えることはもとより、患者さまやご家族から、「どうにかできそうです」「分からなかったことが理解できました」「頑張れそうです」など、病気と向き合える発言を聞けたときに、気持ちに寄り添えたのではないかと、やりがいを感じます。
また、多職種のスタッフと協働を行う中で、患者さま、ご家族のこれからのことについてカンファレンスしているときに、自分も含めみんなが患者さまのことを考えていると感じる瞬間も大好きでやりがいを感じます。

家族の延長として多くの方のお世話をしたい、力になりたいと考えています。

私の実家はとても田舎で、地域全体を見ても高齢な方ばかり。実家にはひいおばあちゃんがいて、認知症のおじいちゃんがいて、家族全員で介護をしていました。高齢者を介護する環境は、私にとって当たり前の光景だったのです。看護の仕事がしたいと強く思ったというより、家族の延長として多くの方のお世話をする仕事がしたいと考えていました。そんなとき、京都でも「頭ならシミズ」と言われるシミズ゙病院グループの求人を見つけ、面接を受けました。

関 里恵子

関 里恵子
セキ リエコ

シミズ病院 看護師(認定看護師)
1999年入職

8:00~12:00

情報収集とバイタルサイン測定

病棟へ出勤、受け持ち患者さま、気になる患者さまを中心に病棟全体の患者さまの情報収集を行います。カルテを見たら、患者さまの顔も見に行きます。

12:00~16:00

食事介助や保清援助

嚥下障害の状態や、覚醒状況を見ながら食事介助を行い、一人ひとりの姿勢を考えながら介助します。ベッドバスや髭剃り、手浴、足浴、患者さまが爽快感を得られるようにケアできるように心掛けています。

16:00~18:00

夜勤に出勤!!

情報収集と食事の用意を行います。夜間、患者さまに安全・安楽に過ごしていただくことを考えながら情報収集します。

18:00~22:00

食事介助と観察

今日一日がどうであったか、気になること、明日はどうしたいかなどコミュニケーションを取ながら関わります。また、精神的に落ち着ける関わりを意識して、安楽に眠れるような援助を心掛けています。

22:00~8:00

観察、ラウンド 体位変換

患者さまに問題がないか、眠れているか、気になることはないかなど注意しながら経過を見守っています。時には眠れない方の話をゆっくり聞くのに夜の時間は有効なこともあるのです。

関 里恵子

読書が大好きで、特に推理小説を読みだすと止まりません。また映画を見るのも大好きで、スカパーを申し込んでからは、家の中が幸せ空間です。一日中、本を読み、テレビで映画鑑賞にふけり、怠けすぎて夕食を作るのをさぼることも。まだ1歳の愛犬(アメリカンコッカースパニエル)が可愛すぎて癒されたおしています。
これからは、外にも出ようと思ってみますが、暑さに弱く、寒さに弱く、出るタイミングを検討していると一日が終わります。