医療法人清仁会 シミズ病院グループ

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

西口 廣美

医師、看護師を始め地域連携室など多職種との連携をとりながら、患者さまと向き合っています。

私が勤務する病棟は、内科・外科・整形外科・脳外科・泌尿器科などの混合病棟で、院内での入院、手術をすべて一括して受け入れています。入退院も激しく、急性期と慢性期の患者さまが入院しています。高齢の患者さまも多く、入院前の身体能力、機能に回復困難な方もいらっしゃいます。日常生活で援助が必要なことをお手伝いしながら少しでも早い回復を目指して患者さまと一緒にリハビリに取り組み、患者さまや家族さまが望む生活に近づけるよう、医師、看護師を始め地域連携室やリハビリ担当スタッフなど多職種を交えたカンファレンスを行い、真摯に患者さまと向き合っています。毎日忙しく慌ただしいですが、病棟スタッフ達の協力のもと育児時短を取得し、仕事と育児を両立して頑張っています。

患者さまから言われた一言一言は忘れることができません。

西口 廣美

人の命を預かる看護の仕事には、辛いことや苦しいこともたくさんあります。それでも人との温かいふれあいや小さな感動が日常の中に数々あります。だからこそ看護師を続けていこうという思いや、やりがいにつながっているのだと思います。
ある患者さまから退院時に「ありがとう。あなたの事は一生忘れないから」と言われてとてもうれしかったことを覚えています。患者さま、家族さまの立場に立って関わったからこそ、いただけた言葉だったと思っています。
患者さまとのふれあいの中でやりがいを見つけ、日々の励みにしていきたいです。

看護師を続けていきたいと思っている中で、仕事と子育ての両立をバックアップしてくれる制度が充実していると感じ、入職を決意しました。

結婚を機に以前勤めていた職場を辞め、亀岡へ引っ越してきました。結婚し、これから家族も増えていく中で、妊娠、出産、子育てをしながら、看護師を続けたいという思いがありました。シミズ病院グループは、産前産後はもちろん、1歳まで育児休暇もあり、復職後は時短勤務制度、深夜業務制限、時間外労働制限、保育料助成制度などもあり、仕事と子育ての両立をバックアップしてくれる制度が充実していると感じ、入職を決意しました。

西口 廣美

西口 廣美
ニシグチ ヒロミ

亀岡シミズ病院 看護師
2005年入職

8:25~9:00

情報収集、申し送り

病棟へ出勤し、カルテから情報収集をします。その後、夜勤者からの申し送りを聞きます。

9:00〜10:00

処置、保清

清拭や、オムツ交換、体位変換、褥瘡などのガーゼ交換にまわります。

10:00〜11:00

点滴、検温、ラウンド

朝の点滴に回ります。体温や血圧を測ります。患者さまの今日の体の調子を観察します。

11:00〜12:00

血糖測定、注入食、配膳、食事介助、与薬

昼食前に指示のある患者さまの血糖測定をします。お昼の注入食を施行します。援助の必要な患者さまの食事や内服薬服用介助をします。

13:00〜15:00

午後検温、記録、手術出し

午前中に熱があった患者さまなどの再検、記録をします。手術の患者さまの手術前処置、手術出をします。

15:00〜15:45

夕点滴、リーダーへの申し送り、業務終了

夕方の点滴にまわります。患者さまを観察してきたことを、リーダーに申し送ります。

西口 廣美

土・日・祝日など関係なく日勤、夜勤のシフトがあり、子供たちには淋しい思いをさせてしまっています。なので、私が休みの日は、できるだけ子どもたちと一緒に、お出かけしたり、遊んだりと触れ合う時間を大切にしています。