医療法人清仁会 シミズ病院グループ

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

矢田 祥恵

患者さまには、少しでも意欲的に楽しくリハビリしていただけるよう工夫しています。

入院の患者さまは、内科や外科的な疾患の方が多いです。病気のせいで動く意欲を無くされていることも多く、少しでも意欲的に楽しくリハビリに取り組めるよう工夫しています。例えば、患者さまへの声のかけ方を工夫したり、リハビリのプログラム内容に患者さまの趣味を取り入れるなどして興味を持って取り組めるものにしたりしています。
退院前には、患者さまの自宅へうかがい、生活環境の調整や家族への指導を行うこともあります。そして、外来の患者さまに対しては、毎日の通院でなくても機能改善が臨めるように自主トレーニングを指導します。また、通所リハビリ施設も併設しているため、担当セラピストが休みの日には、通所業務も行います。

ご自宅への退院を実現していくためには、他職種と一丸となった連携が不可欠です。

矢田 祥恵

退院後、ご自宅へ戻ることを強く希望されている患者さまは、ご自身の身体機能回復と自宅の環境整備、ご家族の受け入れ準備が必要になります。
患者さまがリハビリで身体機能向上を実感されて嬉しそうにされていると、こちらも嬉しくなります。しかし、その後の自宅への退院に繋げるためには、リハビリで完結するわけではありません。他職種と連携を図り、チーム一丸となって在宅復帰へ導く必要があり、実現できたときには大きなやりがいを感じます。
また、療養型の病棟もあるため、長期間入院されている患者さまもおられます。入院当初は自力で立つことが考えられなかった患者さまが、根気よく諦めずにリハビリを継続し、自力で立つことができるようになったときにもこの仕事をしていて良かったと感じます。

気さくに話しかけられる雰囲気と、特定のリハビリの手技にこだわらない方針が気に入っています。

職場見学で訪問した際、リハビリスタッフ同士が気さくに会話されていて、私にも気さくに話しかけてくださって、ここでなら自分もスタッフの一員としてのびのびと働けそうだと感じました。またその際、リハビリの手技にこだわることなく自由に治療を行って良いとの説明を受けて、多くのことがここでなら学べると思いました。そして一人の患者さまに対して、病気の急性期から維持期まで寄り添っていけることも魅力の一つに感じて入職を決めました。

矢田 祥恵

矢田 祥恵
ヤダ サチエ

洛西ニュータウン病院 理学療法士
2011年入職



8:40~9:00

リハビリテーション科の朝礼、リハビリ室の掃除、カルテ確認

朝礼で新患の担当セラピストを決めたり、各自伝達事項があれば報告を行ったりします。朝礼が終わるとリハビリ室の掃除と各自、担当患者のカルテ確認を行います。

9:00~12:00

カルテ確認、カンファレンス出席、外来・入院患者のリハビリ

必要があれば医師・看護師・ケースワーカーと個別に情報交換を行いながら、外来・入院患者のリハビリを行います。また、カンファレンスがあれば出席します。

12:00~13:00

昼休憩

13:00~17:15

カルテ確認、カンファレンス出席、入院患者のリハビリ、カルテ記入

午後からのリハビリは入院患者のみですが、仕事内容は基本的には午前中と同じです。また、リハビリを行った患者のカルテを記入します。

矢田 祥恵

平日の夜は、定期的にスポーツジムへ通い、体を動かしてリフレッシュしています。休みの日は、友だちとランチや旅行に行きおしゃべりを楽しんだり、読書や動画鑑賞をしてゆっくり過ごしたりしています。また、職場のスタッフと遠方の勉強会へ旅行も兼ねて行くこともあります。