医療法人清仁会 シミズ病院グループ

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

木村 仁美

利用者さまそれぞれの生活リズムや趣味を把握して、心身のサポートを行っています。

利用者さまの心身のケア、サポートを行っています。当然のことながら一人ひとり、食事や入浴の仕方、排泄のリズム、趣味などが異なっており、どうすればその方らしく、より良い生活を送っていただけるかを考えながら対応し、利用者さまとの信頼関係を築いています。
レクリエーションでは、なるべく体を動かすボール遊びや簡単な体操を取り入れ、私自身も楽しみながら行うよう心がけています。

利用者さまから感謝の言葉をいただくたび、やりがいを感じるとともに更なるやる気が湧いてきます。

木村 仁美

 利用者さまの心に常に寄り添い、不安を取り除くため傾聴を続けていると、「ありがとう」と感謝の言葉をいただけます。そんな時、やりがいを感じます。
 同時に「ありがとう」は、やる気を出させてくれる言葉でもあります。利用者さまにもっともっと喜んでいただきたい、頼っていただきたいという私の思いが強くなり、もっともっと頑張ろうという励みになります。接し方一つで信頼関係は左右されるので、コミュニケーションがうまくとれると、「やって良かった」とあらためて、介護の楽しさが身にしみます。

高校生時代の実習で、優しく指導してくださった先輩職員と一緒に働きたい思いから入職しました。

 小学生の頃から祖母のお世話をしていたので、自然と介護の道を選びました。高校の実習でふないの里に来させていただいた際、とても丁寧に教えていただいて憧れを抱いた職員の方のおかげで「私もこんな風に楽しく介護がしたい!!」と思ったのが、入職の決め手です。

木村 仁美

木村 仁美
キムラ ヒトミ

シミズふないの里 介護職(介護福祉士)
2015年入職



7:00~8:45

起床介助、食事介助

早出勤務のときは7時に出勤し、起床介助をしながら窓を開けたりします。その後、体操をして食事介助をします。

8:45~9:00

申し送り

夜勤の看護師やケアワーカーから、夜間の様子をききます。

9:00~10:30

入浴介助

利用者さまの入浴のお手伝いをします。洗身や着脱介助を行います。

10:30~11:30

昼食休憩

早めにお昼を取ります。

11:30~13:40

食事準備、食事介助、下膳

準備をし、介助に入り、一通り食事が終えれば摂取表をつけ、下膳に入ります。

13:40~14:30

レクリエーション、おやつ準備、体操

レクリエーション参加者を集め、レクを一緒に盛り上げ、一部抜けて、おやつの用意をし、提供します。おやつ前には体操をします。

14:30~15:15

おやつ、臥床

皆でおやつを食べます。会話をはずませながら食べるおやつは最高です。その後、休憩もかねて少し寝ていただきます。ポータブルトイレを出したり、配茶をします。

木村 仁美

最近は、岩盤浴にはまっています。友だちと岩盤浴めぐりをしたり、銭湯に行ったりしてゆっくり過ごしています。海や夜景を見ると癒されるので、暇さえあれば車を走らせ、友だちと遠出しています。