医療法人清仁会 シミズ病院グループ

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

小角 元気

利用者さまのご自宅を訪問し、環境に合わせた理学療法を実施しています。

訪問リハビリのスタッフとして、利用者さまのご自宅に訪問し、その方の能力や身体状態、住宅の環境に合わせた理学療法を実施しています。利用者さま、ご家族の希望に添えるように、在宅生活を送るうえで困っていることや困難に思うことなどを聞き出し、より良い生活を送っていただくお手伝いをしています。
また、リハビリの時間以外では、利用者さまの状態や希望を明確にして、適切なリハビリを提供できるように計画書の作成やほかのスタッフに同行して評価や治療の技術を勉強しています。

利用者さまとのコミュニケーションから、自分に足りないものや勉強すべきことが見えてきます。

小角 元気

普段生活しているスペースでのリハビリでは、利用者さまが直面している困難なことや、希望、問題点を把握しやすく、より実際生活に適した治療が行いやすいメリットがあります。そこで利用者さまとコミュニケーションを重ねると、そのやりとりを通して自分に足りないものや、今後、勉強すべきことが見えてきます。

興味があった「整形外科疾患」と「脳血管障害」それぞれの特性に合わせたリハビリを行うことができると考え、入職を決めました。

学生時代から在宅の状況に合わせたリハビリを行う回復期リハビリテーションを希望していました。その中でも骨折などの整形外科疾患と脳血管障害に興味があり、それぞれの特性に合わせたリハビリを行うことができると考え、洛西シミズ病院を希望しました。
また、初年度に新入職員を対象とした勉強会やグループ全体の理学療法士が集まって討論などを行う「理学療法セミナー」などがあり、さまざまな現場で必要とされる知識の習得ができると考え入職を決めました。

小角 元気

小角 元気
コスミ ゲンキ

洛西ニュータウン病院 理学療法士(訪問リハビリ)
2013年入職

8:00~12:00

情報収集、朝礼、利用者宅訪問

出勤後はその日の訪問予定のカルテを用意して内容をチェックし、必要な情報収集を行います。また、リハビリに必要な物品を用意して訪問に備えます。朝礼では簡単な一日のスケジュールを報告。朝礼終了後は利用者宅への訪問時間に応じてバイクまたは車で訪問先まで向かいます。空き時間には書類などの整理やケアマネージャーなどへ連絡、計画書の作成などを行います。

12:00~16:00

利用者宅訪問 書類整理など

午前の時間同様、利用者宅に訪問しリハビリを行います

16:00~18:00

情報の整理、業務会議など

訪問から戻ると、一日の利用者さまの情報の整理や他のスタッフへの情報の伝達、ケアマネージャーやご家族への電話連絡などを行います。その日すべきことが終わると退勤します。

小角 元気

読書や音楽鑑賞など、自宅で過ごす時間が多いです。天気のいい日や連休が取れるときは、遠出したり友達と泊まりがけで出掛けたりしています。また、インターネットなどで外部の勉強会の情報を集めて、興味のある講習会などに参加することもあります。