医療法人清仁会 シミズ病院グループ

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

遠藤 江里

患者さまだけでなく、ご家族への支援を行うのも、退院に向けた大切な役割です。

回復期リハビリテーション病棟では、脳血管疾患により麻痺がある患者さま、整形外科疾患で手術を終え、職場・在宅復帰を目標にした患者さまが入院されています。一般病棟に比べて1日のリハビリの回数が多く、日々リハビリに励まれています。
私は、職場・在宅復帰を目標に医師・看護師・リハビリスタッフ・相談員(ソーシャルワーカー)と定期的に話し合う場を設け情報収集を行い、退院を支援しています。患者さまやご家族と関わる時間を大切にし、退院に向けて不安なこと、困っていることがないか把握するように心がけています。
退院後に必要だと考えられる吸引・オムツ交換などの看護ケアの指導を、ご家族と一緒に行うことがあります。最初は不安が強いご家族も、入院中に何度か練習してみることにより、退院時には不安が少なくなります。患者さまだけでなく、ご家族への支援を行うのも大切な役割の一つだと考えています。

患者さまと病棟内で歩く練習をしていると、新たに患者さまの思いに気づくことがあります。

遠藤 江里

この病棟では、在宅復帰に向けたケアを行う中で多職種との関わりが多く、職種が違うからこそさまざまな視点で患者さまと向き合えるところにやりがいを感じます。
また、入院時に車椅子での生活が中心だった患者さんが、リハビリを通じて歩けるようになっていく過程を近くで見ることができます。患者さま自身、安静度が上がることによって自信に満ちた表情、笑顔などが多く現れます。リハビリ以外の時間帯に歩行が可能になった患者さまと一緒に病棟内で歩行練習していると、ベッドサイドでバイタルサインを測定していた時には得られなかった患者さまの思いを知ることができます。

仕事は大変なことも多いですが、患者さまと関わる時間は、とっても楽しいです。

学生時代、スポーツでけがをすることが多く、通院時に不安になることが少なくありませんでした。そんな私に優しく声をかけてくださった看護師さんと出会い、自分もこんな風になれたらいいなと思ったのが看護師になるきっかけです。
看護助手、准看護師、看護師という過程を経て、勉強と仕事の両立が難しく、しんどいこともありましたが、同期や先輩に助けてもらい今も続けられています。日々の仕事は大変なことも多いでですが、患者さまと関わる時間はとても楽しいです。どんな患者さまにも寄り添い、安心して入院してもらえるような関わりができる看護師になれるよう努力していきたいです。

遠藤 江里

遠藤 江里
エンドウ エリ

洛西シミズ病院 看護師
2014年入職



8:30~9:30

情報収集・朝礼・環境整備

病棟へ出勤し、カルテから情報収集を行います。朝礼にて夜勤者から夜の患者さまの様子を申し送りしてもらいます。環境整備にてベッド周りの清掃を行います。

9:30~11:30

バイタルサイン測定・看護ケア

リハビリの時間、入浴時間に合わせてバイタルサイン測定、軟膏処置、点眼などの看護ケアを行います。バイタルサイン測定時も、患者さまとコミュニケーションをとる大切な時間です。

11:30~13:00

血糖測定、食事準備、食事介助、口腔ケア

食前に血糖測定が必要な患者さまの測定を行います。車イスに乗ってもらいデイルームまで案内します。自分で食事ができない患者さまには、食事介助、口腔ケアを行います。

13:00~14:00

昼食休憩

ゆっくり食事休憩をとります。

14:00~15:30

カンファレンス、歩行練習

病棟リハが必要な患者さまの歩行練習を、病棟内で行います。週に1回医師・看護師・リハビリスタッフ・相談員で集まり、在宅復帰に向けて現状報告をカンファレンスし、情報共有しています。

15:30~16:30

訪床・バイタルサイン測定

午前中に発熱があったり、血圧が高い(低い)患者さまのバイタルサイン測定の再検に行きます。排便の有無を確認し、必要であれば夜勤帯で内服してもらう下剤を準備します。

16:30~16:45

申し送り

夜勤の看護師に日勤帯の患者さまの様子、翌日の予定などを申し送りします。

遠藤 江里

休日はDVDを観たり、家でのんびり過ごしています。友だちと休みが合う時はご飯を食べに行ったり、買い物に行ったりしています。気の合う友だちと話すことで、リフレッシュできます。
連休が取れた時は旅行に行き、日々の忙しさから少し解放されるので、またがんばろうと思えます。日々の仕事をがんばるために自分なりにリフレッシュする方法を見つけるのも楽しみのひとつです。仕事とプライベートのオン・オフの切り替えを大切にしています。