医療法人清仁会 シミズ病院グループ

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

奥村 沙也加

たくさんの患者さまと関わりながら、社会復帰に向けてサポートいたします。

私が担当しているのは急性期から亜急性期の患者さまと外来の患者さまです。整形外科・脳外科・神経内科など多岐にわたる分野が対象です。また、年齢は子どもから高齢者と幅広く、それぞれ社会や家庭での役割が異なります。ですから、患者さまのニーズと理学療法評価から目標を立て、リハビリを行います。リハビリは受傷後、術後による身体機能低下の予防、機能訓練、日常生活動作訓練を行います。また、退院後の生活についてもサポートします。必要に応じて退院前訪問指導を行い、実際の生活場面での動作指導や手すりの設置などをアドバイスします。医師、看護師、ケースワーカーなどの多職種との連携を図り、患者さまの社会復帰に向けてサポートしています。

大切にしているのは患者さまとの信頼関係。相談されるとうれしくなりますね。

奥村 沙也加

受傷後、術後は思うように身体を動かせないことから、患者さまは大きな不安を抱えられると思います。リハビリでは一から動作の訓練を行います。起き上がりができた、トイレに行けたなど、できた喜びを患者さまと分かち合えたときにやりがいを感じます。また、理学療法士は医師、看護師と比べて患者さまと接する時間が多いです。だからこそ、より一層患者さまの不安や疑問に耳を傾けることができると感じています。そして、病棟生活に始まり、退院後の生活にも密接に関わることから、患者さまとの信頼関係をとても大切にしています。「少し相談したいことがあって…」と些細なことでも、声をかけていただいたときはとてもうれしく思います。

見学で触れたスタッフと患者さまの笑顔が決め手です。

私が理学療法士を目指したのは祖母が大腿骨を骨折したことがきっかけでした。そして、整形外科について学び、運動器疾患の患者さまを治療したいと思うようになりました。
また、私は京都で生まれ育ち、いつか地元である京都で地域の方々に貢献したいという想いがありました。そこで、洛西シミズ病院は骨折や変形性関節症、スポーツ障害などの整形外科に重点を置き、地域に根差した医療を目指していることを知りました。洛西シミズ病院の理念に共感し、就職見学に参加しました。就職見学ではリハビリスタッフと患者さまが笑顔で、とても温かい雰囲気でした。そのときに私もここで働きたいと思い、入職を決意しました。

奥村 沙也加

奥村 沙也加
オクムラ サヤカ

洛西シミズ病院 理学療法士
2011年入職

8:15~8:30

掃除

リハビリに使用するベッドや道具の拭き掃除、消毒を行います。

8:30~9:00

朝礼・ミーティング

リハビリスタッフ全員での朝礼と、チームに別れてミーティングを行っています。

9:00~12:00

リハビリ

リハビリの前にカルテから情報取集を行います。午前中は外来の患者さまも担当します。

12:00~13:00

昼食

職員食堂で食事をします。

13:00~17:00

リハビリ

病棟のカンファレンスに出席することもあります。カンファレンスでは医師、看護師などと患者さまの情報を共有します。

17:00~

事務処理

カルテ管理、書類作成、スケジュールの確認などを行います。

奥村 沙也加

休日は映画鑑賞をすることが多いです。そして、ハーブティーやアロマオイルでリラックスするように心がけています。また、洛西シミズ病院に就職してからスポーツをする機会が増えました。私はあまり行動的ではありませんでしたが、職場の人たちに誘われて、マラソン、スキー、ウエイクボードなどさまざまなスポーツに挑戦することができました。運動することの気持ち良さを実感しています。

この先輩を見た方は、以下の先輩もよく見ています。

田辺 直斗
四条大宮クリニック
理学療法士

田辺 直斗