医療法人清仁会 シミズ病院グループ

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

中西 杏奈

患者さまが治療でわからないことなどを相談しやすい看護師でありたいと思っています。

私が働いている病棟は、整形外科手術を受ける患者さまや内科疾患の患者さまが多く入院されています。手術や治療を受ける患者さま、そしてご家族は不安を感じていることが多く、その思いの傾聴や、行う治療について分からないことがあれば聞きやすい雰囲気づくりを心掛けています。
手術を受ける前から、手術を終えて安定したリハビリを行い退院されるまで、患者さまとご家族に寄り添い、安心して入院生活を送れるように日々配慮しています。また、入院生活だけではなく、退院に向けて多職種と連携し、退院後の生活のため現在抱えている問題点を考え、必要な援助を行うなど解決に努めています。

元気のなかった患者さまが、徐々に回復され退院される姿を見ると、やはり嬉しく感じます。

中西 杏奈

看護師は、患者さまの最も身近に寄り添う存在です。手術を受けられる患者さまの多くは不安や恐怖感を感じていることが多いです。手術前から手術後の症状や経過等に対する不安の傾聴や、手術直後の痛みなどの緩和に努めたり、小さな変化にも気づけるように努めています。
患者さまが笑顔になられたり、ご家族の安心した表情を見られた時は、看護師になって良かったと感じます。手術を終えてリハビリを頑張られて、入院時は元気がなかった方が徐々に回復されていく経過を見守り、元気に退院される姿を見られることは、何よりの喜びです。

奨学金制度を利用すれば、親に負担をかけずに看護師を目指すことができます。

私は幼いころより看護師になりたいと思っていました。高校生の頃に進路を決定する際、シミズ病院グループの存在を知りました。シミズ病院グループでは看護学生の内から寮に入ることができること、奨学金制度を利用しつつ働きながら学校に通うことができるため、親に負担をかけずに看護師を目指せると考え、入職を決めました。
看護学生時代は働きながらの勉強に戸惑うことはあれど、病院で働くことで、その日に学んだことを病院の仕事に活かすことができたり、日々の患者さまとの関わりや仕事が臨地実習で役に立ったりと、良かった点が多くありました。

中西 杏奈

中西 杏奈
ナカニシ アンナ

洛西シミズ病院 看護師
2010年入職



8:30~9:00

日勤帯の内服薬・確認・情報収集・配薬

病棟に出勤し、受け持ち患者さまの内服薬を確認します。カルテから情報収集し、内服薬を配りつつ、患者さまに本日担当であることを伝えます。

9:00~9:20

申し送り、朝礼、点滴やケア準備

夜勤看護師から申し送りを聞き、ペア看護師と情報共有しつつ協力してケアの準備や、点滴の準備をします。

9:20~12:00

検温・処置

患者さまの検温や観察を行い、一人ひとに応じた必要なケアや処置を行います。医師からは指示を受けつつ回診の補助を行います

12:00~13:00

昼食介助

一人ひとりの患者さまが、食べやすいよう環境を整えたり、自力摂取が困難な方は介助を行います。

13:00~16:30

手術出し、昼の検温

午後からは手術の予定がある患者さまを手術に出したり、午後からも熱をはかり、午前との変化や状態を観察します。

16:30~16:45

申し送り

夜勤看護師に申し送りを行い。患者さまの状態を引きついで帰ります。

中西 杏奈

休日は友人と出かけたり、家で休養したり掃除をして過ごすことが多いです。平日に休みとなることも多く、空いているところが多く嬉しいです。休みの希望は一ヶ月前に出せるので、友人と休みを合わせやすく助かっています。相談に応じて連休も取れるので、時々帰省しては家族と過ごしたり、地元で休息したりしています。夜勤は二交代制なので、夜勤後はゆっくり休んだり、少し休養してから出かけたりしています。