医療法人清仁会 シミズ病院グループ

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

一宮 千晃

他職種と連携して患者さまの情報を共有することで、新たな発見がたくさんあります。

医師の処方に基づき、主に入院患者さまの内服薬や注射の調剤業務を行っています。飲み合わせや量、副作用などに気をつけながら、患者さま一人ひとりに適した薬剤管理を行うよう努めています。
最適な薬物治療を実現するために、患者さまと直に接するだけでなく、他職種と連携し、各々の専門知識を活かした意見交換を行うことで見えてくることがたくさんあり、日々学ぶことばかりです。
また服薬指導では、患者さまがなぜその薬を服用するのか処方の意味を理解していただくことでコンプライアンス向上に努めると同時に、安心して薬を服用できるよう、わかりやすい説明を心がけています。他にも無菌調製や、DI業務、医薬品管理などさまざまな業務を行っています。

一人で服薬指導に行けるようになるなど、少しずつできることが増えている実感があります。

一宮 千晃

薬剤師として働いて間もないですが、先輩方の温かいご指導のおかげで、少しずつ病院薬剤師業務にも慣れてきました。私が働く洛西シミズ病院はさまざまな診療科があり、急性期から回復期まで取り扱う病院なので、いろいろな処方に触れることができ、日々あらゆる知識をつけることができます。また最近では、一人で服薬指導に行けるようになるなど少しずつできることが増え、成長できていると感じられることが今の私のやりがいです。
患者さまに服薬指導する中で、うまく伝えられた時や感謝された時などは、とても嬉しいです。まだまだ未熟な私ですが、先輩方のように広い視野・知識をもって、患者さまに選ばれる薬剤師になれるよう努力していきます。

楽しい雰囲気の中で、病院薬剤師として豊富な経験が積める場がここにはあります。

清仁会グループ病院は個々の病院がそれぞれ強みとする分野をもっていて、グループ全体で急性期から回復期に携わっているため、あらゆる知識をつけることができるところに魅力を感じました。
私が働く洛西シミズ病院は整形外科医療を中心として他にも多数の診療科を保有しているので、多様な処方に触れることができる点や他職種との距離が近い点、急性期から回復期まで切れ目のない医療に携わることができる点など、豊富な経験が積めます。そして何よりも、病院見学の際、薬剤部の方たちの雰囲気がとてもよかったことが入職の大きな決め手です。
実際、働いてみて職場の雰囲気はとても楽しく、また先輩方が熱心に指導してくださるため、薬剤師としてのスキルを身につけながら充実した毎日を送っています。

一宮 千晃

一宮 千晃
イチミヤ チアキ

洛西シミズ病院 薬剤師
2016年入職





8:30~9:00

出勤、朝礼

業務を行う上で把握しなければならない内容や、会議の有無など、みんなで情報を共有するため朝礼を行います。

9:00~12:00

内服注射調剤、納品、病棟

午前中は主に入院患者さまの内服注射調剤を行います。また、午前中に病棟にあがって薬を届けたり、退院時の指導などを行います。納品や問い合わせ対応など業務はさまざまです。

12:00~13:00

お昼休憩

業務の流れをみながら、順次お昼休憩に入ります。

13:00~16:45

調剤、病棟、発注業務

午前中と同じように調剤業務を行い、病棟に薬を払い出します。また、その他にも薬の在庫確認や発注業務、外来に薬を補充するなど、業務はさまざまです。

16:45~

退勤

当日分の調剤が残っていないことを確認しつつ、退勤時間が近づけば片づけをはじめます。

一宮 千晃

休みの日は、家でのんびり過ごすことや、高校や大学時代の友人と遊ぶことがほとんどです。またグループ病院の同期同士で集まることもあり、それぞれの病院のことを知ることができ良い刺激となっています。そして、興味のある分野の勉強会に参加するなど、無理のない範囲で自己研鑽に努めています。