医療法人清仁会 シミズ病院グループ

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

八尾 良樹

急性期病棟では不安定な容体の患者さまも多く、スタッフ間で情報を共有することが特に大切です。

私の働く病棟は、循環器科・消化器外科・内科・婦人科・重症内科の急性期病棟です。術前・術後で不安定状態の患者さまが多く、迅速な対応と知識と技術が必要です。また多様な疾患の患者さまが入院されており、看護師全員で情報を共有し、患者さま一人ひとりにあった優しさ、思いやりのある看護ができるよう努めています。

自分で調べて学んだことや教わったことを、患者さまに活かすことができると、とても嬉しいです。

八尾 良樹

入職して間もないため技術や知識はまだまだ浅いですが、仕事をする中でわからなかったことを調べ学習し、優しい先輩方に教えてもらったことを1つでも患者さんに還元できると嬉しく思います。
さらに看護中に患者さまが笑顔で「ありがとう」と言ってくれたり、私自身が行った援助で術後異常なく安定した状態で退院されるとやりがいを感じます。

入院中に、不安や痛みで苦しむ私に、優しく援助してくれた看護師さんに憧れ、目標としています。

学生時代に入院した時、不安や痛みで苦しんでいる私に、優しく援助してくれたのが看護師でした。その経験もあり、私も患者さまに優しく笑顔で接することができ、正しい知識や技術が提供できる看護師になりたいと進路を決めました。
さまざまな病院を見学する中で、病院の雰囲気だけでなく、先輩看護師一人ひとりが笑顔で接している姿を見ることができ、ここなら私の目指す看護ができるのではないかと考えたのが入職の決め手です。丁寧に教えてくれる先輩方と一緒に楽しく仕事をしています。

八尾 良樹

八尾 良樹
ハチオ ヨシキ

洛西ニュータウン病院 看護師
2016年入職



8:30~8:45

情報収集、申し送り

病棟へ出勤し、カルテから情報収集をします。夜勤の看護師より申し送りを受け、朝の点滴や内服の準備を行います。

8:45~11:30

検温、処置、体位変換、カルテ整理

患者さまの陰部洗浄・オムツ交換、検温、処置、寝たきりの患者さまの体位変換を行います。その後カルテの整理をします。

11:30~12:00

カンファレンス

患者情報を共有し、患者さまに合った看護が提供できるようにつなげます。

12:00~13:00

配膳、食事介助

昼食の配膳、食事介助、下膳、口腔ケア、移送介助を行います。(交替で1時間休憩をとります)

13:00~16:30

清拭介助、検温、処置、検査介助、手術出し

午後の検温、処置に行き、状態の変化を観察します。手術や検査がある患者さまの移乗の介助、手術室や検査室へ安全に移動できるよう援助します。

16:30~16:45

夜勤看護師へ申し送り

日勤帯の患者さまの情報を夜勤看護師に申し送ります。カルテをチェックし、漏れがないか確認して勤務終了です。

八尾 良樹

休みの日は自宅でDVDを見ることや、映画鑑賞をすることが多いです。また友だちとショッピングしたり、お酒を飲みに行くなどリフレッシュしています。その一方で、休みを活用し日々の看護をする中でわからないこと、疑問や不思議に思ったことなどを調べ、学習しています。十分にある休日を、フル活用して過ごしています。