平成30年度 洛西ニュータウン 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 10 21 22 75 110 270 602 535 179
10歳ごとの年代別の患者数です。
70~80歳が最も多い年齢層となっています。総合的にみると70歳以上の患者割合が約7割を占め、地域の高齢化を反映していることが分かります。
患者数が10に満たないものは「-(ハイフン)」としています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 47 2.1 2.85 0 68.0
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 28 11.46 4.96 0 71.8
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 12 9.75 6.52 0 69.0
060241xx97xxxx 痔核 手術あり 11 6.8 5.78 0 70.8
- - - - - - -
下肢静脈瘤、そけいヘルニア(脱腸)、胆石症、痔などの多様な疾患を診療しております。
患者数が10未満であれば「-(ハイフン)」で表示することになっているためリストには載せておりませんが、悪性腫瘍に対しての手術も行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 319 2 2.84 0 77.5
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科では白内障に対する治療を主に行っております。白内障は加齢に伴い水晶体に濁りが出る病気で、濁った水晶体を取り除いて人工のレンズを入れる手術を行います。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 52 39.2 17.66 3.0 85.0
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 28 4.07 4.47 0 75.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 18 34.77 20.92 0 80.7
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 17 6.17 3.01 0 75.3
050050xx99200x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_2あり 処置2なし 定義副傷病なし 13 3.38 3.15 0 72.3
循環器内科では心疾患を中心に、心臓カテーテル治療や生活習慣病を原因とする動脈硬化性疾患の治療に力を入れております。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 31 68.6 20.92 3.2 81.2
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳未満 26 21.8 13.90 0 65.0
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア2 15 55.3 15.17 6.6 84.8
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア1 14 19.0 13.46 0 83.21
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全あり) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳未満 11 34.9 14.27 0 69.9
内科は肺炎による入院が多く、他疾患の併発も多いため入院期間が長引く傾向になっています。
また血糖コントロール不良の患者を対象にした「糖尿病教育入院」も行っており、病態にあわせて食事療法、運動療法に加え薬物療法を行います。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 処置1なし 定義副傷病なし 26 13.4 5.62 0 67.5
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 定義副傷病なし 24 2.0 2.53 0 71.3
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 22 26.9 12.58 0 75.5
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 19 7.9 7.2 0 74.8
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2_3あり 15 13.2 14.55 0 86.2
泌尿器科では、尿路結石や悪性腫瘍の手術などでの入院が多くなっています。ほかにも細菌による尿路感染症の治療もしております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 27 1 7
大腸癌 - - - - - 8 1 7
乳癌 - - - - - 5 1 7
肺癌 - - - - - 1 1 7
肝癌 - - - - - 1 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
初発とは、当院でがんの診断もしくは治療が開始され、その際に決定した治療方針が終了するまでの入院期間を初発として扱います。
患者数が10未満のため「-(ハイフン)」で表示しておりますが、患者数が0というわけではありません。
再発は、当院または他施設で治療された後、当院にて繰り返し入院された場合をいいます。
当院では手術や化学療法のほか緩和治療も行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 28 16.6 80.25
中等症 41 39.73 78.5
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎とは、在宅で普通の社会生活をおくっている二十歳以上の人に発症した肺炎をいいます。ウイルスによるもの、入退院を繰り返す方に多い誤嚥性肺炎は対象外です。
重症度別の患者では中等度の患者が多くなっています。抗菌薬の適正な選択を行い治療を行っています。
患者数が10に満たないものは「-(ハイフン)」としています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- - - - -
患者数が10に満たなかったため、「-(ハイフン)」で表示しております。
急性期の脳血管疾患については系列病院で治療を行うことが多いため、当院での患者数は少なめです。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 47 0.06 1.16 0 68.2
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 20 1.65 5.1 0 69.8
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20 2.3 6.9 0 66.9
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 10 6.7 40.1 0 78.7
- - - - - - -
下肢静脈瘤手術のほか腹腔鏡を用いた手術にも力を入れております。
腹腔鏡手術は開腹手術に比べて ①傷が小さい ② 手術後の痛みが少ない ③入院期間が短いなど、身体への負担が少ないことが利点です。
患者数が10に満たないものは「-(ハイフン)」としています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズ挿入する場合)(その他) 316 0 1 0 77.47
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科では白内障に対する治療を主に行っております。
白内障は加齢に伴い水晶体に濁りが出る病気で、濁った水晶体を取り除いて人工のレンズを入れる手術を行います。
患者数が10に満たないものは「-(ハイフン)」としています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 27 3.5 3.6 0 74.8
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 14 6.7 9.9 14 76.3
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
狭心症の症状がみられる患者さんや、自覚症状はなくても心臓の血管(冠動脈)に狭窄がみられる方に対して、心臓カテーテル検査及びステント留置術を行っております。検査、手術はアンギオ室(血管造影室)で局所麻酔により行います。
患者数が10に満たないものは「-(ハイフン)」で表示しています。
消化器
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 45 0.06 1.08 0 66.4
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
ポリープ(良性腫瘍)に対する内視鏡的治療を行っております。この治療は肛門や鼻や口などの自然開口部から胃カメラを挿入するため患者さんへの身体的負担が少ないのが利点です。
患者数が10に満たないものは「-(ハイフン)」としています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 26 5.96 6.5 0 67.5
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 21 2.19 5.52 0 75.0
K783 経尿道的尿管狭窄拡張術 20 2.1 7.95 0 58.8
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 12 1.75 11.5 0 76.5
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 11 1.7 11.4 0 73.2
膀胱・尿路結石に対するTUL(経尿道的砕石術)を積極的に行っています。
また膀胱がんや前立腺がんに対する治療も行っております。リスト外ですが前立腺がんの診断のための針生検も行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
患者数が10症例に満たなかったため、「-(ハイフン)」で表示しております。
更新履歴