トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

リハビリテーション科

 回復期リハビリテーションセンター

動画は下記画像をクリックしてください。

 
 最上階に見晴らし抜群の関西では類をみない広さの「リハビリテーション室」
 
 
  国道9号線からみた外観の様子                歩行レーンと免荷装置                                免荷式歩行分析トレッドミル
 
 
 
 
 

方針・理念

リハビリテーション部門は、病気やけがによって、今までとは異なる心身の状態になった時に、その機能や能力を回復させる役割を担っています。機能回復のみではなく、全人間的復権を理念として、潜在能力を最大限に発揮させ、日常生活活動(ADL)を高め、家庭や社会への参加を可能にし、その自立を促進するものです。つまり『人』として再び社会で生活することを支援するのがリハビリテーションです。
本リハビリテーション科の対象となる疾患は多岐にわたり、代表的なものとしては、運動器疾患(骨折などの外傷、変形性関節症、脊椎疾患、スポーツ障害など)、神経内科的・脳外科的疾患(脳卒中、脳腫瘍など)、呼吸器疾患、摂食・嚥下障害などがあげられます。年齢としても、子供から超高齢者までが対象となります。それらの疾患に対し、急性期リハビリテーション(早期からの合併症、廃用症候群の予防および機能訓練、ADL訓練による社会復帰の推進)を中心とした診療を行います。
 

診療内容

理学療法:

病気やけが、老化により身体が不自由になった方や、運動機能が低下した状態にある方に対し、運動機能の維持・改善を目的に、運動、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療です。
作業療法:
心身が不自由になったことで、日常生活上で様々な困難が生じた方に対して、普段生活の中で行う様々な行為(身辺動作や家事など)を治療手段として、心身機能の維持、回復及び開発を図り、日常生活の自立から職業復帰までサポートします。
言語聴覚療法:
脳卒中などにより、話す、聞く、読む、書くなどのコミュニケーションがスムーズにできなくなったり、食べ物がうまく飲み込めない嚥下障害のある方、または高次脳機能障害の状態にある方に対し、社会復帰のお手伝いをし、自分らしい生活が出来るように支援していきます。

 

氏名 役職
齋藤 淳 副院長兼リハビリテーション部長
経歴

 日本リハビリテーション医学会専門医・指導医

日本温泉気候物理学温泉療法医

義肢装具等適合判定医師

氏名 所属
高橋 潤 副院長兼リバビリテーション科
経歴

日本脳神経外科学会専門医

日本脳卒中学会専門医

氏名 役職
桐谷 奈央子 リバビリテーション副部長
経歴
日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
氏名 役職
高橋 和子 リバビリテーション科医長
経歴
日本リハビリテーション医学会専門医
氏名 所属
細谷 和生 リバビリテーション科
経歴

日本脳神経外科学会専門医

日本脳卒中学会専門医

氏名 所属
安川 俊樹 リバビリテーション科
経歴