トップ > 診療科目・部門について > 診療科目・部門一覧

物忘れ外来

 我が国は急速に高齢化社会を迎へ、認知症患者さんの増加が大きな社会問題として注目されています。

認知症は、アルツハイマー型認知症・レビー小体型認知症・前頭側頭型認知症などの神経変性疾患や脳血管性認知症が代表的ですが、中には甲状腺機能低下症や慢性硬膜下血腫など治療により症状の回復が期待できる認知症もあります。

神経内科では認知症を最重要疾患と位置付け、精力的に診断・治療を行い、京都桂病院を中心とする西京区の認知症初期集中支援チームの活動にも参加しています。

物忘れ外来は、認知症を心配している初診患者さんを対象にした完全予約制の専門外来です。

問診と神経心理学的検査を中心に、必要に応じて血液検査・頭部CT・頭部MRI(脳萎縮の程度をVSRADによる画像解析法にて評価します。)・頭頸部MRA等の各種検査を組み合わせ、認知機能を評価して、今後の方針をわかりやすく説明致します。

物忘れ等でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

 
担当:神経内科 河本 恭裕
毎週木曜日 14:00 ~ 17:00

電話番号:(075)331-8778

電話時間:14:00~16:30まで